時計 宝飾 眼鏡部会

部会長所信

貴志勝俊

部会長所信


公益社団法人 銚子青年会議所
第55代部会長 貴志 勝俊

年号が平成から令和になり、早3年目を迎えます。昭和に生を受け平成という時代と共に育んでまいりました。平成の32年間で時代は目まぐるしく変貌を遂げ、この部会に携わる業種としても、いくつもの転換期を迎えました。


消費税の導入やネット販売、インバウンド対象とした消費など、人口減少超高齢社会においてこの時計宝飾眼鏡の関連業種においても、もちろん他人事ではありません。金相場も昨年は40年ぶり最高値を更新し、材料の高騰に加え、コロナショックと言われる外的要因により、この業界も「生き残り」のために選別され続けております。しかしながら、その中で勝ち抜き、生き残り、良き転換期として生き抜いてこられた企業も沢山ございます。青年経済人としての資質はもちろんのこと、地域社会やお客様とって「幸せのインフラ」として、その町にとってなくてはならない存在であり続ける必要があります。


本年度時計宝飾眼鏡部会は創立より55年の月日を数えます。先人より受け継がれてきたこの部会で何ができるのか。そして、今やるべきことは何なのか。今一度現状を受け止めるとともに、我々だからこそできることの意義と創造し、後世へと受け継いで行ける活動を行ってまいります。

令和2年3月28日

基本方針

業界発展の為の事業実施に向けての準備

会員拡大運動実施に向けての準備

会員交流事業実施に向けての準備

事業計画

新型コロナウイルスの状況を鑑みて

事業を始めます。